Profile

Join date: Jul 19, 2022

About

FIBAアジア杯2022のパワーランキングが発表…1位はレバノン、日本は何位?

ライブ: FIBAアジアカップ2022 ライブ

ライブ: FIBAアジアカップ2022 ライブ



FIBAは19日、「FIBAアジアカップ2022」のパワーランキングを発表した。

【7月19日】バスケットボール男子アジア杯の放送予定|AKATSUKI FIVEが準々決勝進出懸けフィリピン代表戦


 今月12日からインドネシアで行われている同大会は、17日をもってグループステージを終了。この後準々決勝進出決定戦を経て、20日から準々決勝が行われるが、現段階でのパワーランキングはどうなったのか。


 1位に輝いたのは、グループDを3戦全勝で勝ち上がったレバノン(FIBAランキング55位)。初戦のフィリピン戦を95-80で制すと、第2戦では格上のニュージーランド(同27位)に86-72と歴史的な勝利を収めた。エースのワエル・アラカジは2試合で平均22.5得点の活躍を見せており、準々決勝の中国戦でも活躍が期待される。


 2位にはオーストラリア(同3位)がランクイン。2017年大会に続いて連覇を狙うオーストラリアは、グループステージ3戦すべてで15点差以上をつけて勝利した。NBA組不在の中、デトロイト・ピストンズやミルウォーキー・バックスなどでプレーした経験を持つソン・メイカーが3試合で平均16.7得点7.7リバウンドとチームをけん引している。


 3位には韓国(同30位)が入った。グループステージ初戦で強敵の中国(同29位)との対戦となったが、93-81で勝利を収めると、第2戦のチャイニーズ・タイペイ(同66位)戦は87-73、第3戦のバーレーン(同104位)戦は78-73と3連勝を達成。帰化選手のラ・グナが平均19.3得点11.3リバウンドと大黒柱としての活躍を披露している。


 なお、グループステージを2勝1敗で終えた日本(同37位)は6位にランクイン。FIBAは選出理由について「イランに敗れた後に日本を押し上げるのは奇妙かもしれないが、全体を見ると理に適っている。シリアに対して27本もの3ポイントシュートを決め、イラン戦で“冷えなかった”場合無敗で通過したかもしれない」とした。


インドネシア・ジャカルタで開催中のFIBA(国際バスケットボール連盟)男子アジアカップは7月19日、準々決勝予選を実施。グループCを2位で突破した日本代表・AKATSUKI FIVEはフィリピン代表と対戦。日本時間22時にティップオフする試合は、フジテレビNEXTやDAZNで生中継される。


FIBA男子アジアカップ(7月13日開幕/インドネシア・ジャカルタ)に出場している日本代表・AKATSUKI FIVE。グループステージは2勝1敗で通過し、19日に準々決勝予選に臨む。ベスト8をかけ対戦するのはフィリピン代表。ここでは同試合の放送予定を紹介する。


グループステージで日本代表は、カザフスタン代表に100-68、シリア代表に117-56の大勝を収め連勝スタート。首位通過を懸け激突したイラン代表には76-88で敗れたものの、2勝1敗でグループCを2位で突破し準々決勝予選に回ることとなった。


日本が準々決勝予選で対戦するのは、グループDを3位で通過したフィリピン代表。FIBA世界ランキング38位の日本に対し、フィリピンは同34位とランキングは拮抗している。楽な試合にはならないだろう。


日本のトム・ホーバスヘッドコーチは、「フィリピンは日本とさほど身長は変わらない。ガードとウィングに良い選手が揃っており、(イラン戦とは)また違ったチャレンジになる」と対戦相手を分析。「日本の速さで負けない試合にしたい」と自分たちの長所であるスピーディな試合展開に持ち込みたいとコメント。「ベストを尽くして、絶対勝ちにいく」とベスト8入りへ意気込みを見せている。


FIBA男子アジアカップ2022は16チームが出場する。グループステージでは4チームずつ4組に分かれて実施され、各グループ1位が準々決勝に進出。2位と3位は準々決勝予選に回る。本大会は当初2021年に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2022年に延期されている。



フジテレビONE/TWO/NEXT加入者はテレビ放送+ネット配信サービスの両方が利用可能

ネット配信サービスSPOOX(スプークス)を利用することで、同じ番組をPC・スマホ・タブレットで視聴できます。


番組内容は「フジテレビONE スポーツ・バラエティ」、「フジテレビTWO ドラマ・アニメ」、「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」と概ね分かれています。


 そのほか、ラベナ兄弟とレイ・パークスジュニア(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)を擁するフィリピン(同33位)は8位にランクインしている。



FIBAアジアカップ2022 バスケ男子日本代表の日程、開始時刻(日本時間)

FIBAアジアカップ2022 グループ分け

FIBAアジアカップ2022 バスケ男子日本代表の結果速報

FIBAアジアカップ2022 バスケ男子メンバー(八村塁は不参加)

バスケット男子日本代表メンバー

主なチームスタッフ

バスケ男子日本代表のテレビ放送(地上波・BS放送・CS放送)、再放送

地上波テレビ放送の中継予定

BS放送の中継予定

CS放送の中継予定

バスケ男子日本代表のネット中継(ライブ・見逃し配信)|DAZN


[

[ライブ!!FIBA] 日本vsフィリピン バスケ ライブ FIBAアジアカップ2022 オンライン2022年7月19日

More actions